ファーガソンはやはり名将だった マンUのOBが過去との違いを嘆く

マンUを完璧にまとめていたファーガソン氏 photo/Getty Images

ファーガソン体制ならこんなトラブル続きは考えられない

指揮官ジョゼ・モウリーニョとポール・ポグバの関係は崩壊してしまったのか。今季のマンチェスター・ユナイテッドではそんなことばかりが話題になっているが、これは名将アレックス・ファーガソン氏が指揮を執っていた時ならば考えられないことだ。ファーガソン氏こそがマンUのルールだったからだ。

英『BT Sport』によると、クラブOBリオ・ファーディナンド氏もファーガソン氏が指揮を執っていた時代ならば選手とのトラブルは速やかに解決されていたと振り返る。なぜなら、ファーガソン氏の意向に従わない者は放出されるからだ。

「アレックス・ファーガソンの時ならば、選手が規律に従わない場合でも解決しただろう。その選手が全盛期にあるかどうかは関係なく、出ていったから。ベッカム、スタム、ロイ・キーン、ファン・ニステルローイなどね」

ファーガソン氏との衝突だけでなく、クラブ内で何らかの問題を抱えた選手は次々とマンUを去った。選手の存在が大きくなりすぎることがなかったのもファーガソン政権の特長だったと言える。モウリーニョでもファーガソン氏ほど厳しく選手を扱うことはできないか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.229 激闘必至のCLラウンド16を完全予想
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ