S・ラモスがFK、PKを蹴る必要あるか? ロナウド退団で見えてきたエゴ

レアルのセルヒオ・ラモス photo/Getty Images

出しゃばりすぎとの見方も

今夏にクリスティアーノ・ロナウドが去ったレアル・マドリードは、より組織としてまとまってきた印象がある。これまではロナウド頼みの部分もあったが、今季はカリム・ベンゼマやガレス・ベイルも穴を埋めようと結果を出しており、チームからはエゴが消えたようにも見える。

しかしスペイン『MARCA』は、ロナウド退団でもう1つのエゴが出てきているのではないかと危惧している。それはDFセルヒオ・ラモスだ。ラモスはレアルのリーダーであり、長くチームをまとめてきた大黒柱だ。重要な選手なのは間違いないのだが、ロナウドが退団して以降のレアルではラモスがPKやフリーキックのキッカーを担当する機会が増えている。

特にPKに関しては自信をつけさせるために前線の選手に蹴らせるべきではないかとの意見も出ているのだが、ラモスは我しかいないとばかりに堂々とキッカーを担当している。フリーキックもラモスはそれほど精度が高いわけでもなく、チームにはベイルやトニ・クロースなど高精度のキックを誇る選手がいる。わざわざラモスが直接狙う必要もないはずだ。

同メディアは指揮官フレン・ロペテギがしっかりと管理すべきと伝えているが、ロナウド退団で見え始めてきたラモスのエゴをどうコントロールしていくのか。これが新たな課題となるかもしれない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ