バイエルンのブンデス独走にラームは納得せず 「4月に優勝決まってしまう」

自身もバイエルンで独走を経験したラーム photo/Getty Images

優勝争いの激化を期待

ブンデスリーガは攻撃的で面白いリーグと評判だが、近年は優勝争いが全く盛り上がらないという問題を抱えている。戦力で他を圧倒するバイエルンが独走し、他クラブはチャンピオンズリーグ出場権を目標に頑張る構図となっている。

スペイン『MARCA』のインタビューでこれを問題視したのが、元ドイツ代表DFフィリップ・ラームだ。ラームもバイエルンの一員としてブンデスリーガを支配し、3冠達成も経験している。

「バイエルンが常に優勝するのは良いことじゃない。リーグでは競争が重要なんだ。バイエルンが勝つのは嬉しいけど、他クラブがバイエルンにチャレンジするようになった方が良いね。スペインだとバルセロナ、レアル・マドリード、アトレティコ・マドリードがリーガを制覇できる。でもドイツでは4月に優勝が決まってしまうからね」

ラームはこのようにコメントしており、バイエルンの1人勝ちにはあまり賛同できないようだ。やはり頑張ってほしいのはドルトムントだろうか。近年安定して上位に食い込み続けているのはドルトムントくらいで、タレントは揃っている。ドルトムントがバイエルンに喰らいつけるようになれば、優勝争いの方にも関心が向いてくるだろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ