チェルシー脱出を考えていた? 昨季悪夢の時間を過ごしたストライカーが下した決断

チェルシーのモラタ photo/Getty Images

W杯メンバーからも漏れた

チェルシーFWアルバロ・モラタにとって昨季後半戦は悪夢だっただろう。思うように得点が奪えず、スタメンに入れない時もあった。最終的にはチェルシーでのパフォーマンスが不十分とのことからロシアワールドカップを戦うスペイン代表メンバーからも落選してしまい、ガックリときたのは間違いない。

米『ESPN』によると、モラタは退団も考慮していたようだ。しかしモラタはチェルシーに留まって戦う道を選び、ここで成功しようと燃えている。

「昨季はチェルシーで幸せではなかったよ。昨季の終盤は酷かった。正直、スペインやイタリアへ戻ることを考えたよ。ただ、常に現実から逃げることはできない。最後までやらないと。逆境の中で上手くやり続けるモチベーションを見つけないといけないんだ。今季をハッピーなものにしたいし、チェルシーで良いシーズンを過ごしたい」

「W杯でプレイするのは夢だったから、今夏呼ばれなかったのはキツかったよ。呼ばれると予想していたからね。ロペテギに恨みはないよ。僕は良いシーズンを過ごしていなかったからね。召集外はフットボール的判断であり、彼の幸運を祈っている。特に今はレアルにいるから」

モラタは今季開幕節のアーセナル戦で得点を奪っている。これを継続したいところだが、今季こそチェルシーで爆発できるだろうか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ