ウェストハムに見えてきた開幕7連敗の悪夢「モイーズの方が良かった」

ウェストハムを指揮するペジェグリーニ photo/Getty Images

ペジェグリーニは開幕4連敗と最悪の立ち上がり

今季のウェストハムは上位陣を脅かす存在になると言われていたのだが、始まってみると悪夢の開幕4連敗……。今夏にジャック・ウィルシャー、フェリペ・アンデルソンら実力者を次々と獲得し、指揮官にプレミアリーグ制覇の経験を持つマヌエル・ペジェグリーニを招聘したとは思えぬ最悪のスタートになってしまった。

昨季までウェストハムはデイビッド・モイーズが指揮を執っており、決して美しいサッカーを展開しているチームではなかった。しかし英『Daily Mirror』によると、ウェストハムのレジェンド的存在であるトニー・コティー氏はモイーズのままの方が良かったのではないかと現状を嘆いている。

「クラブはモイーズに代わる人材を選ぶことを決断したが、私はペジェグリーニの招聘は理解できない。我々はモイーズを残すべきだったよ。ペジェグリーニは優れた指揮官だが、マンチェスター・シティを指揮していた際には世界最高クラスの選手たちがいて、ウェストハムに来て選手たちのモチベーションを上げるよりもイージーだったからね。次の3試合が心配だよ。極めて重要だ。皮肉なことだが、仮にペジェグリーニを解任すれば、クラブはサム・アラダイスやモイーズが必要だと叫ぶだろう。全くおかしな話だ」

同氏が不安視する次の3試合とは、エヴァートン、チェルシー、マンチェスター・ユナイテッドのことだ。代表マッチウィークが終わると、ウェストハムはこの3チームとのリーグ戦が控えている。最悪の場合、開幕7連敗スタートなんてこともあり得る。当初の想定とは大きく異なる立ち上がりとなってしまったが、ペジェグリーニは立て直せるだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ