やはりドイツ代表はGKの選択を間違えた バルサ守護神が魂のPKセーブ「ノイアーの選択はミスだった」

テア・シュテーゲンとノイアー photo/Getty Images

テア・シュテーゲンならドイツもグループステージを突破できたか

12日にスペインスーパー杯でセビージャと対戦したバルセロナは、苦しみながらも2-1で勝利を収めた。このゲームの最後に印象的なプレイを披露したのが、バルセロナの守護神マルク・アンドレ・テ・シュテーゲンだ。

試合終盤にやや不運な形でPKを与えてしまったバルセロナだが、このPKをテア・シュテーゲンが見事にストップ。バルセロナの守護神としてチームの優勝に大きく貢献したのだ。これを受けてスペイン『MARCA』は、「ドイツ代表がノイアーを選択したのはミスだった」と伝えている。

ロシアワールドカップに前回王者として臨んだドイツは、守護神にマヌエル・ノイアーを選んでいた。ノイアーの試合勘が鈍っていることを考えてもテア・シュテーゲンを先発させてもよかったが、代表監督ヨアヒム・レーヴは頑なだった。同メディアは、優勝は難しくともテア・シュテーゲンを起用していればグループステージは突破できたのではないかとの見方を示している。

ノイアーの方が世界的に名の通ったGKなのは間違いないが、昨季からバルセロナで見せているテア・シュテーゲンのパフォーマンスを考えれば守護神にはテア・シュテーゲンを指名すべきだったか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.226 [ポジション別ランキング]今、欧州の闘いを熱くする選手は誰だ
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ