監督代わってもモラタ大ピンチ? 今季のライバルはバチュアイだ「サッリがバチュアイの移籍をブロックしている」

バチュアイにチャンスありか photo/Getty Images

パフォーマンス上がらなければ追い抜かれるか

マウリツィオ・サッリが指揮官に就任したチェルシーで注目を集めるのは、最前線のポジションを誰が務めるかだ。サッリはナポリでドリース・メルテンスをセンターフォワードの位置で起用し、偽9番のような形でプレイさせてきた。これはゴンサロ・イグアインをユヴェントスに引き抜かれたところから始まったアイディアだが、現在チェルシーにはアルバロ・モラタがいる。オーソドックスに考えるならモラタをセンターフォワードで起用することになるだろう。

しかし、モラタは昨季からのパフォーマンスがサポーターに評価されていない。今夏のプレシーズンでも評価が高いわけではなく、エデン・アザールをメルテンスと同様の役割で起用する案も含めチェルシーの最前線はまだ固定されていない。

その状況下で注目されているのが、昨季アントニオ・コンテの下ではポジションを勝ち取ることができなかったミッチー・バチュアイだ。ベルギー代表の一員としてロシアワールドカップを戦ったバチュアイは、昨季後半戦をレンタル先のドルトムントで過ごしている。今夏にはスペインのバレンシアがレンタルでバチュアイを引き抜こうとしているようだが、英『Daily Mail』はサッリがバチュアイの移籍をブロックしようと動いていると報じている。

サッリはバチュアイのことを戦力として計算しており、モラタと最前線のポジションを競わせる考えだという。もう1人のフランス代表FWオリヴィエ・ジルーは2人に次ぐ3番手と考えられており、バチュアイにはポジションを掴むチャンスが出てきている。モラタのパフォーマンスが上がってこないのであれば、ポジションを奪い取ることも可能だろう。ドルトムントでは快調に得点を重ねており、今こそチェルシーでその得点力の高さを見せる時だ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.233 今季貢献度で選んだリーグ別ベストイレブン
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ