エジルの後継者などいるか!? 独メディアは「数字は嘘をつかない。驚異の司令塔だった」と改めて絶賛

ドイツ代表引退を表明したエジル photo/Getty Images

ドイツ代表は後悔することになるかも

ロシアワールドカップ前にトルコのエルドアン大統領と面会したことが原因でサポーターから人種差別的な批判を浴び、MFメスト・エジルはドイツ代表からの引退を発表した。長年チームを支えてきた天才司令塔と最悪な別れ方だ。

エジルには代表OBからもパフォーマンスが悪かったなど厳しい意見も出ていたが、独『DW』はそうした批判は全くの的外れだと指摘する。なぜならエジルの残したデータを見れば貢献度は議論するまでもないからだ。

エジルはドイツ代表として92試合戦い、23得点40アシストの数字を記録している。同メディアは、「数字は嘘をつかない。エジルはドイツにとって驚異的な司令塔だった」と改めて称賛しており、エジルにこれ以上の働きを求めるのは酷というものだ。同時に同メディアは後継者が存在するか議論しているが、エジルと同等の数字を残せる選手が他にいるだろうか。

例えば若いころより天才と評価されてきたユリアン・ドラクスラーは、24歳の現時点で代表通算6得点5アシストの数字を記録している。一方でエジルは25歳になるまでに代表で16得点24アシストを記録。それもキャップ数はドラクスラーより2試合多いだけだ。単純に比較できないが、数字上で見ればドラクスラー級の才能でもエジルの穴は埋めるのは難しいということだ。

他にも同メディアはレオン・ゴレツカ、ユリアン・ブラント、ケレム・デミルバイ、期待の18歳MFカイ・ハヴェルツなど後継者候補の名前を挙げているが、いずれも穴を完璧に埋めるのは難しいとの見方だ。

エジルは何でもスマートにこなしてしまうため、怠けているように捉えられてしまうところがある。しかし安定して代表にチャンスをもたらしており、その貢献度は絶大だった。数字を見ずにエジル批判を展開することはできないはずだ。
●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.224 激闘だらけのロシアW杯を振り返る
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ