バルセロナ、“ブスケッツ2世”と契約延長 19歳の契約解除金が250億円超え!?

バルセロナの期待の若手オリオル・ブスケッツ photo/Getty Images

契約解除金を2億ユーロに設定

バルセロナは4日、U-19スペイン代表MFオリオル・ブスケッツとの契約を延長したことを発表した。契約期間は2020-21シーズンまでの3シーズンで、契約解除金は2億ユーロ(約259億円)に設定されているとのことだ。

現在19歳のブスケッツは、8歳のころにバルセロナへ入団し、10年以上も同クラブの下部組織でプレイ。2017-18シーズンはバルセロナBを主戦場としていたが、2017年11月29日に行われたスペイン国王杯(コパ・デル・レイ)のレアル・ムルシア戦でトップチームデビューを飾っている。守備的MFのポジションだけでなく、セルヒオ・ブスケッツと名前も同じということで、「ブスケッツ2世」と期待される若手MFだ。今年2月に半月板を損傷し長期離脱を余儀なくされていたが、怪我も順調に回復へ向かっているようで、契約延長にこぎつけた。

スペイン代表の各年代でも主力として活躍しているブスケッツ。しっかり怪我を治し、来季はトップチームで少しでも多くの出番を得たいところだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.251 ダークホースに刮目せよ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ