C・ロナウドを超える”ロシアW杯最速のスピード”出た! 36.15Kmの異次元スピードを記録したのは……

ペルー代表のアドビンクラ photo/Getty Images

大会前から最速の男と注目されていた選手

ロシアワールドカップでここまで最速のスピードを記録していたのはポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドで、ロナウドはスペイン代表戦でトップスピード34Kmを記録していた。

この記録を塗り替えたのが、ペルー代表DFルイス・アドビンクラだ。英『Squawka』によるとサイドバックとして奮闘したアドビンクラは、21日のフランス代表戦で36.15Kmのスピードを記録。アドビンクラは大会前からスピードスターとして大きな注目を集めており、初戦のデンマーク代表戦でも33.8Kmのスピードを記録している。

ロシアワールドカップ最速の男なのではとの声もあったのだが、フランス戦ではその評価にふさわしい異次元のスピードを記録することとなった。残念ながらチームは2連敗となってしまったが、アドビンクラのスピードを記憶したサッカーファンも多いはずだ。

これ以上の記録が出ることはあるのか。ワールドカップを盛り上げるスピードスターたちにも注目だ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.228 新生日本代表「いざ、アジアカップへ!」
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ