ロシアW杯はロスタイムが長くて最後までハラハラ! 5分は当たり前、イラン戦に至っては6分に

激闘続く photo/Getty Images

試合終了まで見逃せないゲームが続く

まだスタートしたばかりのロシアワールドカップだが、ここまでサッカーファンをガッカリさせるような試合が少ない。グループステージ第1戦ということもあって多くのチームが慎重な戦いを見せていることも理由の1つだろうが、ここまで2点差以上ついたゲームは5-0で終わったロシア代表とサウジアラビア代表の開幕戦と、2-0でクロアチア代表が勝利したナイジェリア代表とのゲームのみ。その他は全て接戦だ。

ドイツ代表が敗れたり、ブラジル代表とアルゼンチン代表が引き分けスタートとなるなどサプライズも起きている。最後まで何が起こるか分からないのが今大会の特徴と言えよう。その象徴的ともいえるのが後半ロスタイムの長さだ。

VAR(ビデオ判定)の導入もあってゲームがストップする時間もあり、ロスタイムが非常に長い。ポルトガル対スペインは4分、その他フランス対オーストラリア、エジプト対ウルグアイ、ペルー対デンマーク、アルゼンチン対アイスランド、コスタリカ対セルビアのゲームは後半ロスタイムが5分となっている。時間稼ぎもあったイラン対モロッコのゲームに至っては6分だ。

試合終了まで集中して見ることのできる好ゲームが続いているのは特徴的で、ここまではかなり面白い大会になっていると言えるのではないか。
●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.223 試合巧者フランスが5大会ぶり2度目の世界王者に
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ