リヴァプールで不要な選手は誰だ? サポーターが望む今夏放出してほしい余剰戦力たち

リヴァプールのララーナも不要なのか photo/Getty Images

補強によって人員過多に

リヴァプールは今夏すでにモナコからMFファビーニョの獲得を発表しており、ライプツィヒからMFナビ・ケイタも合流するなど移籍市場でスムーズな動きを見せている。さらに今後も補強に動くはずで、チームは人員が溢れてきている。獲得ばかりではなく、余剰戦力を放出していかなければならない。

そこで英『Liverpool Echo』は、サポーターに「誰を今夏売却すべきか?」とアンケートをとっている。これを見ればサポーターがどの選手を不要と捉えているのかが分かってくる。

最も票を獲得したのは、WBAにレンタル移籍しているガラスのFWダニエル・スタリッジだ。89.7%ものサポーターが売却を希望している。サディオ・マネ、モハメド・サラー、ロベルト・フィルミーノらの活躍ですっかり忘れられた存在になっているが、ユルゲン・クロップのスタイルに100%フィットしない以上スタリッジは早い段階で売却しておくべきだろう。

それに続いたのが今季途中にロリス・カリウスに守護神の座を完全に奪われたGKシモン・ミニョレで88.5%だ。ただし興味深いのはチャンピオンズリーグ決勝で致命的なミスを2つしてしまったカリウスにも45.3%の票が入っており、サポーターは2人に代わる一線級のGKを欲しているのだろう。実力者を獲得できれば両者とも不要との見方だ。

そこからはFWディボック・オリギ(70.9%)、DFアルベルト・モレノ(47.8%)、FWダニー・イングス(45.6%)、DFラグナル・クラヴァン(38.5%)、MFマルコ・グルイッチ(21.2%)、MFアダム・ララーナ(19.2%)と続いていく。

ヴォルフスブルクにレンタル移籍しているオリギ、アンドリュー・ロバートソンに左サイドバックのポジションを奪われたモレノ、スタリッジと同じで怪我の多いイングス、さらに今季怪我で長期離脱していたララーナもそれほど必要とは捉えられていないようだ。

果たしてリヴァプールは誰を手放すのか。サポーターはいつでもシビアに選手を評価している。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.228 新生日本代表「いざ、アジアカップへ!」
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ