レーヴがエジルの姿勢に不満? トレーニングの運動量に満足していないとも

エジルのトレーニングを見守るレーヴ photo/Getty Images

ポジションが保証されているわけではない

前回大会の優勝経験者として重要な役割を果たすことが期待されるドイツ代表MFメスト・エジルだが、しっかりと代表監督ヨアヒム・レーヴにアピールしていかないとポジションを失ってしまう可能性もあるかもしれない。

独『Frankfulter Allgemeine Zeitung』はレーヴが代表トレーニング中のエジルの運動量に満足していないと伝えており、トレーニングに臨む姿勢に不満があるようだ。エジルはアーセナルでもサポーターやクラブOB陣から働きが不十分と指摘されることが多く、運動量が不足している選手と認識されてしまっているところがある。それほどサボっているわけではないのだが、やや印象が悪いところがあるのは事実だ。

レーヴはドイツ代表でエジルをチャンスを演出するキープレイヤーとして重用し、いかなる状況においても信用してきた。しかし、現在のドイツにはレオン・ゴレツカなど若手も育ってきている。エジルのポジションが保証されているわけではなく、トレーニングや親善試合からきっちりとアピールしていかなければ危険だ。


記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ