サウサンプトンに吉田は必要不可欠! サウジアラビア移籍案浮上も地元紙は残留を確信

サウサンプトンの吉田 photo/Getty Images

チームに欠かせぬリーダーに

今月初め、サウサンプトンに所属する日本代表DF吉田麻也がサウジアラビアの強豪アル・ヒラルに電撃移籍するのではとの情報が飛び出した。まさかの中東案に驚きの声も挙がったが、地元紙『Daily Echo』は吉田がロシアワールドカップ終了後もサウサンプトンに残ると報じている。

吉田は2012年夏にサウサンプトンへ加入し、あまり多くの日本人選手が活躍してきたわけではないプレミアリーグで奮闘してきた。プレミアリーグでは129試合に出場しており、これは日本人選手の中でトップの数字だ。

いつしかサウサンプトンでもリーダー的存在になりつつあり、同メディアも「最近はドレッシングルームで重要な影響力を持っている。彼はチーム内で大先輩の1人」と伝えており、29歳になった吉田はチームをまとめる立場になっている。

冬にフィルジル・ファン・ダイクが退団した今、サウサンプトンの最終ラインを束ねるのは吉田の仕事だ。サウジアラビア移籍案も浮上したが、同メディアは残留を確信している。

●電子マガジンtheWORLDは、W杯ロシア期間中にデイリー刊行しています!

大会期間中の号はすべて無料で、お使いのブラウザ上からお読みいただけます。こちらからお読みください。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.207 ブラジルが追加タイムの2発でコスタリカに辛勝
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ