ブッフォンを退場処分とした審判に再び注目が! ジョーンズへのイエローは正しかったか?

両軍から詰め寄られるオリバー photo/Getty Images

元審判員は冷静な判定を評価

PKと判定することに多少の戸惑いもあったのではないだろうか。19日に行われたFA杯決勝のマンチェスター・ユナイテッドとチェルシーの一戦を担当した主審マイケル・オリバーに再びスポットが当たることとなった。

マイケル・オリバーといえば、今季のチャンピオンズリーグ準々決勝レアル・マドリード対ユヴェントスの2ndレグを担当し、後半ロスタイムにレアルにPKを与えた審判だ。その判定に猛抗議したユヴェントスGKジャンルイジ・ブッフォンには毅然とした態度でレッドカードを提示したものの、衝撃の判定にマイケル・オリバーは家族を含め脅迫を受けるまでの騒ぎとなった。

今回のFA杯決勝では、前半にチェルシーMFエデン・アザールがペナルティエリア内でフィル・ジョーンズに倒されたと判定し、PKを指示。チェルシー側はフィル・ジョーンズが決定機を阻止したためレッドカードが妥当ではないかと詰め寄ったが、オリバーはイエローカードで収めた。

英『Daily Mail』もあのブッフォンの退場劇があっただけにマイケル・オリバーの判断に注目しており、解説を務める元アーセナルDFマーティン・キーオン氏はレッドカードでもおかしくなかったと振り返っている。

「ユナイテッドにとってフィールドプレイヤーが10人のままだったのは幸運だったね。正真正銘ボールへのチャレンジだったが、大きなリスクがあった。ハーフウェーラインでジョーンズはファウルしておくべきだったね。彼はアザールのスピードに対応できない」

一方で元審判員のポール・グラハム氏は、「マイケルは正しかった。ボールへのチャレンジであり、イエローカードだ。レッドではない」とオリバーの判断基準を高く評価している。

チェルシーの指揮官アントニオ・コンテはなぜレッドカードではないのかと普段通りタッチラインで猛抗議していたが、今回はオリバーの判断に納得する者が多いようだ。何色のカードを提示するのかオリバーも少し考えたはずだが、あのブッフォン事件のことを恐れず冷静な判断を下したと言えそうだ。

●電子マガジンtheWORLDは、W杯ロシア期間中にデイリー刊行しています!

大会期間中の号はすべて無料で、お使いのブラウザ上からお読みいただけます。こちらからお読みください。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.205 2連勝のウルグアイとロシアがグループA突破
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ