マインツを蘇らせた超攻撃的なクロップ 残留劇の裏にリヴァプールの影響

残留を勝ち取ったマインツ photo/Getty Images

マインツ指揮官が明かす

前節ドルトムントを撃破し、残留を勝ち取ったマインツ。降格の危機もあった中、ライプツィヒ、ドルトムントと立て続けに上位陣を撃破しての残留劇だった。

その勝利の裏には、リヴァプールの影響があったという。ブンデスリーガ公式によると、マインツを指揮するサンドロ・シュヴァルツはリヴァプールがチャンピオンズリーグ準決勝1stレグのローマ戦で見せたパフォーマンスに感動。その攻撃的な戦いぶりからヒントを得たそうだ。

「リヴァプールの攻撃、ゲームにとても興奮したんだ。だからすぐに私のビデオ分析の者に電話し、ビデオを編集してもらった」とシュヴァルツは語っており、5-2でリヴァプールが勝利を収めた超攻撃的なゲームから勇気をもらったようだ。

その4日後に行われたライプツィヒ戦でマインツは3‐0の快勝を収め、続くドルトムント戦もFW武藤嘉紀のゴールなど電光石火の2発を守り切って2-1で勝利した。リヴァプールを指揮するユルゲン・クロップはマインツを指揮していた経験があり、今でもクラブにヒントを与える存在になっているようだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ