バイエルンには2つPKが与えられるべきだった マルセロのハンドに議論集中

審判にアピールをするレヴァンドフスキとキミッヒ photo/Getty Images

ボアテングもTwitterで怒りを露わに

試合前にバイエルンを指揮するユップ・ハインケスは審判の笛でゲームが決まることのないようにと願いを口にしていたのだが、1日に行われたレアル・マドリードとバイエルンのチャンピオンズリーグ準決勝2ndレグでも判定を巡って議論が起きている。

問題は、前半ロスタイムにバイエルンDFジョシュア・キミッヒの蹴ったボールがマルセロの手に当たったシーンと、後半にペナルティエリア内でセルヒオ・ラモスとロベルト・レヴァンドフスキが接触したシーンだ。特にマルセロの手に当たったシーンは大きな注目を集めており、スペイン『as』によれば元審判員のイトゥラルベ・ゴンザレスはハンドでPKを与えるべきだったと解説している。

さらにレヴァンドフスキとラモスの接触シーンについても、ゴンザレスはラモスのファウルがあったとの見解だ。同メディアは「バイエルンが2つのPKを見逃された」と伝えており、PKとの判断が妥当だったのだろうか。ラモスとレヴァンドフスキの接触も、先にボールに触れていたのはレヴァンドフスキの方だったように見える。

この試合を欠場したバイエルンDFジェローム・ボアテングは自身のTwitterでマルセロの手にボールが当たったシーンの画像を投稿し、PKはないのか?と訴えている。結局は試合後も判定が話題の中心となっており、やや後味の悪い終わり方となってしまった。





参照元:twitter

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.226 [ポジション別ランキング]今、欧州の闘いを熱くする選手は誰だ
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ