準決勝までいけばリヴァプールは最強? 心強いCLでの歴史とは

1stレグではローマを5-2で撃破 photo/Getty Images

今回もローマを撃破で決勝行きか

リヴァプールは2日にローマとのチャンピオンズリーグ準決勝2ndレグを戦うことになっているが、サポーターの中には1stレグでローマに与えてしまった2点のアウェイゴールを気にかけている者も多いだろう。5-2で勝利はしたが、今季のローマは準々決勝でバルセロナ相手に大逆転勝利を収めるなど不気味だ。3点差でも油断はできない。

そんなリヴァプールだが、英『Daily Mail』は心強いデータがあることも紹介している。リヴァプールはまだチャンピオンズカップだった時代から何度も上位に食い込んでいるのだが、準決勝ではほとんど負け知らずなのだ。

1964-65シーズンのチャンピオンズカップでは準決勝でインテルに敗れたが、それ以降1度もこの大会の準決勝で負けたことはない。つまりは9戦8勝1敗だ。いわゆる黄金期と呼ばれた1970年代後半から1980年代前半にかけてリヴァプールは何度もチャンピオンズカップを制しており、この最強時代にタイトルを荒稼ぎしたことも準決勝で負けが少ない理由ではある。

当時は1976-77、1977-78、1980-81、1983-84とチャンピオンズカップを制覇している。そこからしばらく優勝がなかったが、2004-05シーズンには優勝。2006-07シーズンも準優勝に終わったもののファイナルまで駒を進めている。

2004-05シーズンは準決勝で国内のライバル・チェルシーを1‐0で撃破、2006-07シーズンも同じく準決勝ではチェルシーをPK戦の末に下している。準決勝までいけば負けがほとんどない。この歴史はリヴァプールサポーターにとって1つの自信となるのではないか。今回も1stレグでは5-2と快勝を収めており、決勝へ進出できる可能性は高くなっている。

●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.197 緊急事態だからこそ広がる日本代表の可能性
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ