レアル、今季のリーグ戦で“珍記録”樹立 ホームでの戦績が…… 

国内リーグで苦戦を強いられているレアルの面々 photo/Getty Images

序盤戦で勝ち点を取りこぼしたレアル

今季のリーガ・エスパニョーラ32試合消化時点で、20勝7分け5敗の3位に留まっているレアル・マドリード。首位バルセロナとの勝ち点差が15にまで開いていることから、今季のリーグ制覇が絶望的な状況となっている。

序盤戦での勝ち点の取りこぼしが尾を引いている同クラブだが、もうひとつ興味深いデータが浮上した。本拠地で行われた今季のリーグ戦で勝ち点33(10勝3分け3敗)を獲得しているのに対し、敵地では34(10勝4分け2敗)と、本拠地で得た勝ち点の方が少ない。今季の同リーグにおいて、この条件に該当するのは同クラブのみである。

本拠地で行われる試合では相手が自陣に引き籠る場面が多く、その守備を攻略できないケースが増えているレアル・マドリード。UEFAチャンピオンズリーグでは準決勝に駒を進め、名門クラブとしての面目を保った同クラブだが、この課題を克服することができるだろうか。


記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.226 [ポジション別ランキング]今、欧州の闘いを熱くする選手は誰だ
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ