サッカーの母国なのに…… ロシアW杯に派遣された“イギリス人”レフェリーの数は?

EURO2016の決勝戦などを裁いたクラッテンバーグ氏(イングランド人) photo/Getty Images

80年ぶりの出来事

FIFA(国際サッカー連盟)は29日、ロシアW杯の試合を裁く審判員の氏名を公表した。

46の国から36名の主審と63名の副審が選出されたが、この中にイギリス人の審判員がひとりも含まれていないことが明らかに。1938年大会以来、実に80年ぶりの出来事であることが英『The Telegraph』などで伝えられた。

前述の結果に至った理由は定かではないが、同国の審判員の高齢化や審判技術の低下が原因であるとの見解が英『The Telegraph』で示されている。関連当局の今後の取り組みに注目したいところだ。




記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ