不動の右SB酒井宏樹、負傷で欧州遠征回避へ マルセイユ「日本代表へ参加できない」

日本代表でも、マルセイユでも不動の地位を築き上げている酒井宏樹 photo/Getty Images

全治7~10日間程

オリンピック・マルセイユは19日、日本代表DF酒井宏樹が負傷によりチームを離脱することになったと発表した。

今季もチームの主力として活躍し、リーグ・アン第29節を終えた時点で27試合に出場していた酒井。18日に行われた第30節のオリンピック・リヨン戦でもスターティングメンバーに名を連ねたが、前半の半ばに負傷し、途中交代を余儀なくされていた。なお、チームも2-3の逆転負けを喫している。

クラブの公式サイトによると、のちの検査の結果、右臀部を打撲していることが判明し、全治7〜10日間程度と診断されたようだ。今後、酒井は欧州遠征を行う日本代表に合流する予定だったが、マルセイユ側は「このDFは代表ブレイクに、日本代表へ参加することはできない」とのコメントを発表している。

日本代表で不動の右サイドバックとなっている酒井だが、今回の欧州遠征は回避することとなりそうだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ