給水中にまさかの失点 デュイスブルクGKの珍プレイが話題に[映像アリ]

集中力を欠いてしまったフレッケン photo/Getty Images

なぜそのタイミングで......

24日にブンデスリーガ2部の第24節が行われ、デュイスブルクがインゴルシュタットに2-1で勝利した。

デュイスブルクが1点をリードして迎えた18分に、同クラブGKマルク・フレッケンによる珍プレイが飛び出した。インゴルシュタットの選手がロングボールを放ち、ボールがデュイスブルク陣営のペナルティエリア内にこぼれたものの、ゴール内で水分補給をしていたフレッケンが全くプレイに関与できず。相手FWステファン・クチュケに悠々とゴールを決められる事態に発展した。米『ESPN』などがこの滑稽なシーンを報じている。

なぜこのタイミングで水分補給を試みたのかは定かではないが、プレイが止まっているのか否かを確認せずにこのような行為に及んでしまったことは、不注意であると言わざるを得ない。この失点が敗戦に繋がらなかったことが唯一の救いであろう。



参照元:Twitter


記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.228 新生日本代表「いざ、アジアカップへ!」
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ