3番手のはずが吉田麻也を脅かす存在に? 24歳センターバックの評価が急上昇

ベンチから見守る吉田 photo/Getty Images

3試合連続得点と大爆発

それまでサウサンプトンの柱でもあったDFフィルジル・ファン・ダイクがリヴァプールに移籍し、今後は日本代表DF吉田麻也がチームを引っ張っていくことになる。誰もがそう予想したが、思わぬ伏兵が現れた。昨季から着実に成長してきた24歳のジャック・スティーブンスだ。

スティーブンスは昨季ファン・ダイクが長期離脱していた際に吉田とセンターバックのコンビを組み、若いながらも印象的なプレイを披露していた。しかし今季はヴェスレイ・フートも加わり、スティーブンスはあくまで3番手と考えられていた。それがここ最近は好調を維持しており、スタメン候補に名乗りを挙げている。

吉田が軽度の怪我を負った間にスティーブンスは印象的な働きを見せており、現在はFA杯4回戦・ワトフォード戦、ブライトン戦、WBA戦と3試合連続で得点中なのだ。DFなので得点数でパフォーマンスを評価するわけではないが、それでもスティーブンスが波に乗っているのは間違いない。

地元紙『Daily Echo』も好調のスティーブンスに注目しており、吉田にとっては厄介なライバルになりつつある。吉田としてはロシアワールドカップまで出場機会を確保しておきたいところだが、吉田は再びチームの中心となれるか。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.198 ロシアW杯出場32ヵ国ガイドブック
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ