ユーヴェにとって大きな痛手 開幕スタメンのマルキージオ、左ひざの古傷が再発

古傷が再発したマルキージオ photo/Getty Images

再起をかけたシーズンだっただけに……

ユヴェントスは25日、イタリア代表MFクラウディオ・マルキージオが負傷離脱することになったと発表した。

今回の負傷箇所は、2016年に前十字靭帯断裂の大ケガを負い、手術を行った左ひざと同じ場所とのことだ。そして詳しい検査の結果、3〜4週間の離脱を余儀なくされ、ひざ周りの筋肉を強化する特別な治療も受けていくことになるという。クラブの公式サイトが伝えている。

昨季はケガの影響で思うような出場機会を得られなかったが、19日に行われたカリアリとのセリエA開幕戦でスタメンに名を連ね、勝利に貢献していたマルキージオ。再起をかけたシーズンだっただけに、今回のケガは残念でならない。しっかりとケガを治し、再びピッチに戻ってきてもらいたいものだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ