新加入の21歳DFに期待するポチェッティーノ「世界最高のセンターバックの1人になれる」

トッテナムを率いるポチェッティーノ photo/Getty Images

トッテナムの堅守に磨き

今夏トッテナムは満足な補強ができていないと言われているが、アヤックスからDFダビンソン・サンチェスを獲得したのは大きい。サンチェスはバルセロナなども狙っていたタレントで、身体能力の高いセンターバックだ。しかも21歳と若く、デル・アリやエリック・ダイアーら若い選手が活躍するトッテナムの流れにも合っている。

英『sky SPORTS』によると、指揮官マウリシオ・ポチェッティーノもサンチェスの成長に期待している。ポチェッティーノはサンチェスが上手くフィットするはずと語り、世界最高のセンターバックの1人になれるだけの素質があると絶賛している。

「彼はアヤックスでレギュラーとしてプレイしていた。ヨーロッパリーグの決勝でもユナイテッド相手にプレイしていたね。彼は若いけど、信じられないキャリアを誇っていると思う。私は彼のアグレッシブなところも好きだし、彼は速い。我々のスタイルに上手くフィットするだろう。我々は将来彼が世界最高のセンターバックの1人になれると信じている。それが彼を獲得しようとした理由さ」

サンチェスは昨季のヨーロッパリーグ決勝のマンU戦でも身体能力を活かした守備を披露しており、21歳のセンターバックとは思えないほど成熟している。トッテナムはヤン・ヴェルトンゲン、トビー・アルデルヴァイレルトらプレミア屈指のセンターバックを揃えるチームでもあり、サンチェスの加入でその堅守はさらに磨かれるはずだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ