元ブラジル代表カカー、MLSの先駆者ベッカムからアメリカ挑戦のアドバイスをもらっていた!

MLSに適応するのは本当に難しい

MLSに適応するのは本当に難しい

ミラン時代にともにプレイしたカカー(右)とベッカム(左) photo/Getty Images

メジャーリーグサッカー(MLS)のオーランド・シティに所属する元ブラジル代表MFカカーが、アメリカサッカーについて語った。

2014年夏にACミランを退団し、MLS開幕までの半年間は古巣サンパウロでプレイ。その後、2015年にオーランドへ加入したカカーは、今年でアメリカ3年目のシーズンを迎える。

そんなカカーが米『ESPN』のインタビューで「欧州のビッグクラブでプレイしているほとんどの選手たちは、アメリカでのプレイを簡単だと考えているけど、そうではない。ここへ来ることは挑戦だ」と述べ、アメリカのクラブへの移籍を考えている選手たちへ警鐘を鳴らした。

さらに自身がオーランドへ移籍をした際、MLSの先駆者であり、ミラン時代にともにプレイした元イングランド代表MFデビッド・ベッカムから「ここでは苦労すると思うよ。選手たちのパフォーマンスやフィジカルには素晴らしいものがあるけど、僕らは欧州トップレベルの選手たちとのプレイに慣れてしまっている。だから、ここに適応するのは本当に難しい。欧州に比べたら少しばかりレベルは下がってしまうからね。まわりの人たちは50%の力で十分プレイできるだろうと言うけど、勝利するためには己の力を100%発揮しなければならない。このギャップを埋めるのが最大の課題だ」とアメリカ挑戦のアドバイスをもらっていたことを明かしている。

2017年シーズンをもってオーランドとの契約が満了を迎えるカカー。契約延長を希望しているようだが、来季以降もアメリカでプレイすることとなるのだろうか。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.191 激化するビッグクラブの勢力争い
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ