絶好調男・ジルーがアーセナルの序盤の戦いについて警告 「毎週ロスタイムに得点は決められない」

早い時間帯で勝負を決めるべき

早い時間帯で勝負を決めるべき

ロスタイムによく得点決めるジルー photo/Getty Images

現在アーセナルはリーグ戦で4位とトップ4に入っているが、もっと勝ち点を落としていてもおかしくはない。なぜなら、FWオリヴィエ・ジルーに何度も助けられているからだ。

今季のジルーはよく終盤に得点を決めており、最近でも12月26日のWBA戦で後半42分に決勝点、1月3日のボーンマス戦では後半ロスタイムに同点弾、さらに7日のFA杯プレストン・ノースエンド戦でも後半44分に逆転弾を決めている。このように今季のジルーはなぜか勝負強く、終盤でもジルー目がけて放り込めば何かが起こりそうな予感もある。

しかし、ジルーは終盤の劇的ゴールばかりに頼るわけにはいかないと危機感も抱いている。英『METRO』によると、ジルーはもっと序盤からゲームをコントロールしていく必要があり、毎週のように終盤に得点を決めることはできないとコメントしている。

「僕は常にチームに何かを与えようとしているし、重要な得点を決められていることは嬉しいよ。特に終盤のゴールはね。だけど、僕たちはもっと序盤から強くないといけないよ。だって僕も毎週ロスタイムに得点は決めないだろうからね」

アーセナルはここから首位チェルシーを追いかけていかなければならないが、毎回の試合でジルーの終盤の勝負強さに頼ることはできない。強豪クラブであれが序盤のうちに先制点を奪ってゲームをコントロールしたいところだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ