EURO準決勝に最も選手を送り込んだクラブはバイエルン 2位は意外にもプレミアリーグ15位のチーム

いよいよベスト4

いよいよベスト4

代表選手を多く抱えるバイエルン photo/Getty Images

先月に開幕したEURO2016もいよいよベスト4が決まり、佳境を迎えている。そこで少々意外なデータが明らかになった。

ベスト4にどれだけ多くの選手を送り込んだかというものだ。現在ベスト4に残っているのはポルトガル、ウェールズ、ドイツ、フランスで、1位はドイツ代表選手を多く抱えているバイエルンとなっている。8人もの選手がEURO準決勝を戦うことが決まっており、クラブとしては新シーズンが不安になるほどの多さだ。

そしてバイエルンの次に多くの選手を送り込んだクラブは何と昨季プレミアリーグで15位に終わったクリスタル・パレスだ。フランス代表、ウェールズ代表の選手が合わせて5人おり、多くのビッグクラブを抑えてこのランキングでは2位となっている。

そして3位には4人を送り込んだアーセナル、レアル・マドリード、スポルティング・リスボンが同率で並んでいる。ビッグクラブは選手層が厚いため、多くの選手を送り込んでも新シーズンにそれほど大きな不安は抱えないかもしれないが、クリスタル・パレスにとってはややアンラッキーとも言えるEUROとなってしまった。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ