18試合0ゴールと苦しむアザールに、15試合0ゴールのゾラがエール「これは良いこと」

スーパースターゆえの悩みか

スーパースターゆえの悩みか

かつてチェルシーでエースを務めたゾラ photo/Getty Images

1シーズン前に爆発的な活躍を見せた選手が次のシーズンで不振に陥るのは決して珍しいケースではない。昨季背番号を10に変更したチェルシーMFエデン・アザールもその1人だ。昨季のパフォーマンスはリオネル・メッシらと肩を並べるほどのものと賞賛されたが、彼はその重圧に苦しんでいるように思える。

英紙『デイリー・メール』によると、アザールはもうチェルシーで18試合も得点を決めていない。アーセナル戦ではようやくゴールかと思われたが、結局アーセナルDFカラム・チェンバーズのオウンゴールという記録になってしまった。大スランプと呼ぶにふさわしい不振だが、同メディアはかつてチェルシーでプレイしていたジャンフランコ・ゾラも同じ状態に陥った経験があると伝えた。

ゾラは魔法のようなテクニックでサポーターを沸かせたが、2シーズン目には15試合も得点を奪えない時期があった。ゾラ本人も難しい時期だったと認め、アザールにとって今の苦労が良いことになると語っている。

「今のアザールは私の2年目に似ているね。1シーズン目の僕はとてもよかった。アザールもそうだ。今のアザールには全てのスポットライトが当たっていて、それが難しくさせている。どんな選手にもこうした時期は訪れるもので、アザールはもっと試合について考えるようになるはずだ。これは良いことだよ。彼は若いし、世界最高の選手になれるポテンシャルを持っているからね」

ゾラはチェルシーで最後のシーズンとなった2002-03シーズンに16ゴールを挙げ、チェルシーでのキャリアハイを達成した。アザールもゾラと同じように復活を果たせるだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ