逆転劇よ、再び…… 川崎に敗れACL4強が黄色信号の浦和「アウェイゴールは大きなポイント」

貴重なアウェイゴールを奪った武藤 photo/Getty Images

ホームのアドバンテージを活かせるか

23日にAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の準々決勝・第1戦が行われ、川崎フロンターレと浦和レッズが相見えた。

試合は、33分に左サイドからの折り返しを小林悠に合わせられ、先制点を許した浦和。50分にゴール前でこぼれ球を拾ったエウシーニョに追加点を奪われ、2点差に。ただ、アウェイの浦和も反撃に出る。76分、途中出場を果たした武藤雄樹がロングボールからDFの裏へフリーで抜け出すと、落ち着いてゴールに流し込み1点を返す。しかし、85分に再び小林に得点を許し、浦和は1-3で川崎に敗戦を喫した。

惜しくも第1戦を落としたものの、チームに貴重なアウェイゴールをもたらした武藤。試合後のインタビューに応じ、次のように述べた。クラブの公式サイトなどが伝えている。

まず、途中出場した際の狙いについて聞かれると「前半をゼロで進められれば良かったが、失点してしまったので、アウェイゴールを取りに行こうということと、これ以上失点してはいけないと考えていた。そういう中で3失点目を喫してしまったことで、難しくさせてしまった」コメント。その上で「ただ、アウェイゴールは一つ大きなポイント。次はホームで戦えるというアドバンテージを活かしたい。済州のときも逆転してここに来ているし、あとは自分たちを信じて戦います。ファン・サポーターのみなさんも最後までとても熱い声を届けてくれから、期待に応えられるようにチーム一丸となってがんばります」と第2戦への意気込みなどを語った。

さらに、第2戦ヘの課題について「ホームでは2点を取らないといけない。前半を抑えるというところが、ホームでもポイントになると思います。守備のところで川崎の強力な攻撃を抑えることを、もっとみんなで修正していかないといけない」と明かしている。

第2戦は9月13日に浦和のホームで行われる。第1戦で浮き彫りとなった課題をきっちり修正し、浦和はラウンド16の済州戦同様に逆転劇を披露することができるのか。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.190 ハリルジャパンの此れまで・此れから
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ