久保建英がアジア人選手市場価値ランキングでダントツの1位! 2位の韓国代表選手とは約2倍の差をつける

年々、凄まじい勢いで成長が感じられる久保 photo/Getty Images

アジア人市場価値ランキングでは、日本人が上位10位に6人がランクイン

スイスに拠点を置くサッカー関連統計調査機関『CIES Football Observatory』は、選手の移籍金評価額において、レアル・ソシエダの久保建英がアジア人トップの9200万ユーロ(約155億円)と算定した。アジア人2位はパリ・サンジェルマン所属のイ・ガンインで、評価額は4970万ユーロ(約84億円)とほぼ2倍の差をつけていることが話題となっている。

ちなみに3位はブライトンの三笘薫の4370万ユーロ(約74億円)。次いで日本人は6位が伊藤洋輝で2570万ユーロ(約43億円)、7位がアーセナルの冨安健洋で2500万ユーロ(約42億円)、8位が堂安律で2390万ユーロ(約40億円)、10位が遠藤航で1770万ユーロ(約30億円)と続く。

久保は今シーズン終盤にかけて怪我の影響でパフォーマンスが低下し、実力ほどの結果は残せなかった。だが23歳という若さもあり、まだまだ成長する期待の表れがこの評価額に影響したのだろう。来シーズンはさらに市場価値が上がるような活躍に期待したいところだ。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.294 改革者クロップの軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ