遠藤航のライバルになる可能性も? リヴァプールは注目を集めるポルトの22歳MFの獲得へ

ビッグクラブが関心を寄せる逸材 photo/Getty Images

バイエルやシティも興味

リヴァプールはポルトに所属するアラン・バレラ(22)の獲得を検討しており、間も無く交渉に入る可能性があるという。スペイン『as』が報じている。

ボカ・ジュニアーズで育ったバレラは昨夏にポルトへの移籍を果たし、今シーズンは公式戦44試合に出場し2ゴール3アシストをマークしている。加入1年目ながらもチームに欠かせない存在へと成長し、リヴァプールの他にマンチェスター・シティやバイエルンも動向を注目しているという。

しかしこの中でオファーを出す可能性が高いのがリヴァプールであり、アルネ・スロット新監督を迎えたリヴァプールは昨夏同様に中盤の補強を行うと、同メディアは主張している。アルゼンチン代表としてパリ五輪へ出場する可能性も高いバレラの本職は守備的MFであり、リヴァプールに加入すれば遠藤航のライバルとなる。
そんなバレラの現行契約には7000万ユーロ(約120億円)の契約解除条項が設定されており、長らくリヴァプールは同選手への関心を持ち続けてきた。スロット新監督の下、今夏は慌ただしい夏を過ごすと考えられており、守備的MFの補強は英メディアでも議論されているポジションでもある。

クロップ政権が終わり、スロットと共に新たなチーム作りをするリヴァプールの今夏の補強は大きな注目を集めているが、ビッグクラブへのステップアップも噂されるバレラを獲得することができるのか。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.294 改革者クロップの軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ