チェルシーが44歳マレスカ監督就任で合意報道 昨季はレスター指揮官1年目でプレミア復帰導く

チェルシーと合意報道のレスター指揮官マレスカ監督 photo/Getty images

最大3年の契約か

チェルシーが新監督招聘に近づいているようだ。

英『Sky Sports』によると、チェルシーはレスター・シティを指揮するエンツォ・マレスカ監督と合意に達し、就任が近づいているという。

プレミアリーグ最終節終了後にマウリシオ・ポチェッティーノ監督との契約を解除したチェルシー。後任候補にはブライトンのロベルト・デ・ゼルビ監督やイプスウィッチ・タウンのキーラン・マッケンナ監督、そしてブレントフォードのトーマス・フランク監督といった面々が挙がっていた。
そのような状況の中、今回チェルシーは同じく後任候補として挙がっていたレスターのマレスカ監督と合意に至ったとのこと。現在44歳でイタリア人のマレスカ監督は2017年にイタリアのアスコリで指導者キャリアをスタート。すると、セビージャやウェストハム、そしてジョゼップ・グアルディオラ監督率いるマンチェスター・シティのアシスタントコーチなどを歴任。

その手腕を期待されて昨季からはチャンピオンシップに降格したレスターの監督に抜擢され、クラブを見事にチャンピオンシップ優勝に導き、1年でのプレミアリーグ復帰を果たしていた。

また同メディアによると、チェルシーは44歳という若き指揮官の就任の際にレスターへは約1000万ポンドの金額を支払う予定。2年契約で更に1シーズンの延長オプション付きの計3年契約になっており、指揮官はすでにチェルシーのプロジェクトに大きな期待を寄せているという。交渉はクラブ間で補償金について合意するかどうかという所まで進んでおり、近日中には公式発表される見通しだ。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.294 改革者クロップの軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ