メッシやブスケッツに続いてセルヒオ・ラモスもアメリカへ!? 来季は2025年にMLS参入予定のサンディエゴFCに移籍か

MLS行きが噂されるセルヒオ・ラモス photo/Getty images

今季は34試合に出場し、7ゴール1アシスト

リオネル・メッシをはじめとする世界的スーパースターが集うメジャーリーグ・サッカー(MLS)に、またしてもスター選手が加入する可能性がある。

『The Athletic』によると、セビージャに所属する元スペイン代表セルヒオ・ラモスは契約満了となる今夏に、フリーで2025年からMLSに参入するサンディエゴFCに加入する可能性があるようだ。

現在38歳のセルヒオ・ラモスはこれまでに、ラ・リーガ、チャンピオンズリーグ、ワールドカップ、EUROと数多くのタイトルを獲得。そんなセルヒオ・ラモスは昨夏に、下部組織から過ごし、プロキャリアを始めたセビージャに復帰。今季はこれまで公式戦34試合に出場し7ゴール1アシストと中心選手として活躍している。
そんなセルヒオ・ラモスだが、セビージャとの契約は来月までとなっており、同メディアによると、同選手はプロデビューを果たしたクラブと契約延長をしない見込みだという。そして、サラリーキャップの制限を受けないMLSの特別指定選手としてサンディエゴFCと契約する可能性があるようだ。

サンディエゴFC のような新興クラブに、セルヒオ・ラモスのような経験と実績を十分に持ち、常に勝つ姿勢を持つスター選手が加入することとなれば、クラブの価値は飛躍的に上がるだろう。メッシやブスケッツを獲得し、成功したインテル・マイアミに続いて、アメリカではこういった傾向が加速しているようだ。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.295 なでしこ、飛翔せよ!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ