冨安はアジアカップを回避した方が良かった? 再びの負傷に「過去2シーズンだけで合計210日欠場したのは深刻」

アーセナル移籍後の冨安は怪我が続いている photo/Getty Images

筋肉系のトラブルは長引くと厄介

今年の1月から2月にかけて開催されていたアジアカップ2023では日本代表の守備を統率する不動の番人としてフル稼働したDF冨安健洋だが、アーセナルに戻って以降は負傷離脱が続いている。

現在はふくらはぎに問題を抱えているようで、アーセナルにとっては痛手だ。

冨安がふくらはぎを痛めるのはこれが初めてではなく、近年は筋肉系のトラブルに苦しんでいる。この現状に、英『One Football』はアジアカップを回避した方が良かったかもしれないと主張する。ふくらはぎの故障は長引くと厄介なのだ。
「ガナーズに加入して以来、冨安にとって3回目のふくらはぎの故障だ。ふくらはぎの怪我はリカバリーが難しいことで知られている。ふくらはぎの筋肉は、DFが戦っていくうえで重要な要素である走力、ジャンプ、突然の方向転換に不可欠な部位だ。復帰を急ぐと再び負傷する可能性があり、選手にはフラストレーションが溜まる。冨安はアジアカップを休んだほうが良かったであろう」

「彼はこれまでもふくらはぎ、膝、ハムストリングなど様々な問題と向き合ってきた。こうした負傷癖は、特にアーセナルのような過密スケジュールとなるトップクラブでどうコンディションを維持していくのか、彼が直面している課題が浮き彫りとなっている。過去2シーズンだけで合計210日欠場したのは深刻だ」

アーセナルにとっても、CL決勝トーナメントがスタートした2月に万能DF冨安を欠くのは痛い。冨安は昨季も後半戦に離脱していた期間があり、それがアーセナルのタイトル争いに影響したところがある。

アジアカップで見せていたパフォーマンスはさすがだったが、再び心配な負傷トラブルが起きてしまった。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.291 究極・三つ巴戦線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ