カラバオ決勝で「9セーブ」 ビッグセーブ連発の守護神ケレハーこそがタイトル獲得の立役者だ

ビッグセーブを連発したケレハー photo/Getty Images

カップ戦ではずっと守護神だ

カラバオカップ決勝戦。リヴァプールとチェルシーの試合は、延長戦までもつれこむ大激戦となった。延長戦も終わろうかという118分、リヴァプールのフィルジル・ファン・ダイクがコーナーキックを頭で合わせ、劇的な決勝点を挙げたことで試合は決着している。

キャプテンの魂の一発がタイトルをもたらした格好となったが、もう1人陰の立役者がいる。GKクイヴィン・ケレハーだ。

21分の近距離からのコール・パーマーのシュートなど、ケレハーはこの試合で決定的と思われたチェルシーのシュートを何度も止めており、セーブ数は「9」を記録。後半終了間際にも、ゴール前でたたみかけるチェルシーの攻撃に冷静に対応していた。『Liverpool ECHO』は、「素晴らしいセーブでパーマーを至近距離から阻止し、ワイドからのチェルシーの脅威に自信をもって対処した。さらに素晴らしいストップでギャラガーの後半の得点も阻止し、驚くべき連続でロンドン勢を撃退した」と評点「9」を与えて絶賛している。
カップ戦では、初戦からこのケレハーがゴールマウスを守り続けている。そんなケレハーにとってもご褒美のようなタイトル獲得だったに違いない。現在は正守護神アリソン・ベッカーの離脱でリーグ戦もゴールを守っているケレハーだが、この安定したパフォーマンスを続けられるならアリソン不在の穴も気にならないだろう。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.291 究極・三つ巴戦線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ