オバメヤンがファルカオを超えた!  “31ゴール目”をマークした34歳FWがEL歴代最多スコアラーに

EL歴代最多得点者に輝く photo/Getty Images

今季は7ゴール

ヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメントプレーオフ・2ndレグでシャフタールと対戦したマルセイユ。

シャフタールのホームで行われた1stレグは2-2の引き分けに終わり、ベスト16をかけた勝負は2ndレグに委ねられた。ホームのマルセイユは先制を許すも、FWピエール・エメリク・オバメヤンのゴールで前半のうちに追いつく。すると後半にはFWイスマイラ・サール、MFジョフレイ・コンドグビアがゴールを決めた。3-1でこの試合に勝利したマルセイユは2戦合計スコアを5-3とし、ベスト16進出を決めた。

この試合でも1ゴール1アシストを記録したオバメヤンは、これでELでの通算得点を31に伸ばし、これで30ゴールを決めていたFWラダメル・ファルカオのゴール数を超え、オバメヤンが歴代最多記録を更新した。
これまでドルトムント、アーセナル、バルセロナ、チェルシーといったビッグクラブを渡り歩いてきたオバメヤン。今シーズンより加入したマルセイユでは公式戦33試合に出場し、16ゴール8アシストをマーク。34歳となった今でも得点センスは健在だ。

今シーズンのELではここまで7試合に出場して7ゴールをマークし、マルセイユの攻撃陣を牽引するオバメヤン。昨季はチェルシーで苦しい1年間を過ごしたが、フランスで再び輝きを取り戻しつつある。EL歴代最多スコアラーとなったオバメヤンは今シーズン、ELでどれだけ得点記録を伸ばすことができるのか。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.291 究極・三つ巴戦線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ