狙うはリーグトップのインターセプト・マスター リヴァプールがフラムのアメリカ代表左SBに熱視線か

フラムのロビンソン photo/Getty Images

今夏に左SBを補強か

英『Football Insider』によると、リヴァプールは今夏に左SBの獲得を目指しており、中でもフラム所属のアメリカ代表DFアントニー・ロビンソンに熱視線を送っているという。

2020年にウィガンからフラムに移籍したロビンソンは、昨年に新契約を結んだため2028年6月まで契約が残っているが、選手自身は移籍に前向きのようだ。

ロビンソンは今季プレミアリーグでは1試合を除く全ての試合に先発出場し、4アシストを記録。加えて今シーズンのプレミアリーグではインターセプト数58を記録しており、この記録は2位のエヴァートンDFジェイムズ・タルコフスキを18回も上回っている。
積極的な持ち運びやパス、そしてプレミアリーグトップのインターセプト数を記録しているロビンソンに対して、リヴァプールスカウト陣はプレミアリーグで最も優れた左SBの一人と高く評価しているとのこと。

アンドリュー・ロバートソンやコスタス・ツィミカス、そしてジョー・ゴメスが左SBを務めているリヴァプールだが、今夏に新たな左SBを獲得するのだろうか。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.290 アジアカップのその先は?

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ