“29試合で19ゴール”のストライカー A・マドリードの攻撃を牽引するのはグリーズマンだけじゃない!

今季は得点を量産しているモラタ photo/Getty Images

昨季のゴール数はすでに超える

アトレティコ・マドリードは、フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(32)がアトレティコでの歴代最多得点者になるなど、今季大きな注目を集めている。

グリーズマンはここまでリーグ戦20試合で11ゴール4アシストを記録しており、公式戦30試合で18ゴール5アシストを記録。アトレティコの攻撃の中心として抜群の存在感を見せている。

しかし、アトレティコの攻撃を牽引するのはグリーズマンだけではない。グリーズマンと2トップを組むFWアルバロ・モラタ(31)も絶好調だ。今季はリーグ戦19試合で13ゴール2アシスト、公式戦通算29試合で19ゴール3アシストをマークしている。昨季が15ゴールだったことを考えても今季の好調ぶりがわかる。
そんなモラタを過小評価されている選手だと語り、今季のパフォーマンスを称賛しているのがアトレティコでもプレイしたことのあるダビド・ビジャだ。

「彼のことをとてもうれしく思っている。モラタは素晴らしい男だし、個人的にも知っている。私は論争に巻き込まれるのは好きではないが、彼はしばしば不当に、あるいは過剰に批判されてきたと思う。だから彼の今シーズンを、選手として、人として、とてもうれしく思っている。この好調を維持し、アトレティと代表チームでさらに多くのゴールを決められることを願っている」(スペイン『as』より)

モラタは今季ラ・リーガの得点王争いでも3位タイにつけており、14ゴールをマークしランクトップのジュード・ベリンガムとアルテム・ドフビクと1点差となっている。

モラタのキャリアハイはレアル・マドリード時代の16-17と、ユヴェントス時代の20-21の20ゴールだ。すでに19ゴールをマークしているため、今季キャリアハイを更新する可能性が高い。今季絶好調のモラタが、どこまで得点を積み重ねることができるのか楽しみだ。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.290 アジアカップのその先は?

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ