トルコでの復活から再びドイツの地へ 36歳のDFボヌッチが目指すEURO2024参戦

フェネルバフチェへ移籍したボヌッチ photo/Getty Images

ウニオン・ベルリンでは苦しんだ

イタリアを離れ、キャリア初となる国外挑戦に踏み切ったDFレオナルド・ボヌッチの2023年は実に苦いものとなった。

ボヌッチは昨夏にユヴェントスからドイツのウニオン・ベルリンへ移籍したが、ウニオン・ベルリンでは定位置を確保できず、チームも黒星続きと最悪の状態が続いた。

結局ボヌッチはこの冬にウニオン・ベルリンを離れる決断を下し、トルコの名門フェネルバフチェと契約。トルコの地では移籍早々から出番を掴んでおり、何とかトルコで復調のきっかけを掴みたい。
クラブ公式にて、ボヌッチは今夏のEURO2024にアズーリの一員として出場することを目標の1つに掲げている。そのためにはクラブでのアピールが欠かせない。

「僕の目標はEUROへ行くことだ。移籍前に(代表監督の)スパレッティとミーティングをしたんだ。簡単な大会ではないことは分かっている。強い国はあるけど、イタリアは前回チャンピオンだからね。また(EURO開催国の)ドイツに行きたい。タイトルを守るべく、僕も代表チームの一員としてそこにいたい」

前回のEURO2020では、ジョルジョ・キエッリーニとのベテランコンビでイタリアの優勝に貢献している。ボヌッチも36歳と大ベテランとなっているが、トルコからチャンスを掴めるか。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.290 アジアカップのその先は?

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ