Warning: file_get_contents(https://www.theworldmagazine.jp/ranking.php): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 429 Too Many Requests in /home/theworldmag/theworldmagazine.jp/public_html/wp-content/themes/theworld2015/header.php on line 8
目指すはイタリアのハーランド “201cm”のサイズ誇る巨人ストライカーが初のセリエAで躍動中|theWORLD(ザ・ワールド)|世界中のサッカーを楽しもう!

目指すはイタリアのハーランド “201cm”のサイズ誇る巨人ストライカーが初のセリエAで躍動中

ウディネーゼでプレイするルッカ(中央) photo/Getty Images

ここまでセリエAで6ゴールを記録

イタリアのアーリング・ハーランドは完成するだろうか。今季よりセリエAの舞台でイタリアの巨人ストライカーが懸命に技を磨いている。

そのFWとは、今季ACピサからウディネーゼへレンタル移籍している23歳のロレンツォ・ルッカだ。

ルッカが注目を集める理由の1つが201cmと規格外の身長で、セリエCのパレルモでプレイしていた頃より話題を呼んでいたのだ。
そこからルッカはACピサでセリエBの戦いを経験し、昨季はオランダの名門アヤックスにレンタル移籍。主力に定着していたわけではないが、エールディヴィジで6ゴール3アシストの結果を残した。

そして今季はウディネーゼにレンタルの形で加入し、ここまで18試合をこなして6ゴールを挙げている。初のセリエAということを考えれば、悪くない成績だろう。

伊『Gazzetta dello Sport』によると、ルッカが参考にしているのがマンチェスター・シティFWハーランドだ。同じ大型ストライカーとして動き出しなど参考にする点は多そうで、手本としては理想的か。

「今は映像で試合の分析をしていて、ハーランドの動きを研究している。彼はレフティーだけど、サイズ的には似ているからね。彼はモンスターだ。ボックス内での動きや、得点する術を学んでいるところだよ。よく勉強する。それが優れたサッカー選手になるためにしなければならないことなんだ」

セリエCより一歩ずつステップアップしてきたルッカが次に目指すは、イタリア代表デビューだろうか。今のイタリアはセンターフォワードが不足しており、201cmものサイズを誇るルッカが成長すれば面白い。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.294 改革者クロップの軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ