今季のドイツ・ブンデスリーガは荒れている DFBポカールも1部クラブが3チームしかベスト8に残らぬ大波乱

DFBポカールではバイエルンも敗れた photo/Getty Images

続々と1部勢が消える波乱

ドイツの国内カップであるDFBポカールが荒れに荒れている。

今月5日と6日にベスト16が行われたのだが、ここではフランクフルトが3部相当のドリッテ・リーガに所属するザールブリュッケンにまさかの0-2で敗北。ザールブリュッケンは2回戦でバイエルンをも破っており、金星が連続したことになる。

次はベスト8の戦いだが、ブンデスリーガ1部のクラブでベスト8に残ったのはシュツットガルト、レヴァークーゼン、ボルシアMGの3クラブのみ。データサイト『Opta』によると、DFBポカールのベスト8に1部から3チームしか送り込めないのは2003-04シーズン以降では最少だという。
今季は1回戦からブレーメンがヴィクトリア・ケルンに2-3で敗れる波乱があり、ボーフムも1回戦でアルミニア・ビーレフェルトにPK戦の末敗北、アウグスブルクもウンターハヒンクに0-2、ダルムシュタットはホンブルクに0-3の完敗を喫している。

2回戦ではケルンがカイザースラウテルンに2-3、フライブルクがパダーボルンに1-3、マインツがヘルタ・ベルリンに0-3、前述の通りバイエルンもザールブリュッケンに1-2で敗れるなど、続々と1部のクラブが消えている。

ベスト8に残った3クラブのうち、準々決勝ではシュツットガルトとレヴァークーゼンが激突する組み合わせとなっている。ここで1部クラブがもう1つ消えることになり、今季のDFBポカールは予想がつかない。DF板倉滉が所属するボルシアMGにもチャンスはあるが、さらなるサプライズがあるのだろうか。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.290 アジアカップのその先は?

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ