主将ファン・ダイクも太鼓判 次世代のリヴァプールの守備を背負うアカデミー育ちの20歳にかかる期待

期待のかかるDFジャレル・クアンサー photo/Getty Images

5歳からリヴァプールに所属

現在、プレミアリーグ15試合を終えて10勝4分1敗で2位につけているリヴァプール。

ELでも強さを発揮しているリヴァプールは昨シーズンとは様子が変わっており、新加入のMFドミニク・ショボスライやMFアレクシス・マックアリスターが躍動。またFWダルウィン・ヌニェスも覚醒しつつあり、ここまで強さを発揮している。

順調にシーズンを送っているリヴァプールだが、第14節のフラム戦でDFジョエル・マティプが負傷。膝の前十字靭帯を断裂の大怪我を負い、今シーズンの復帰が厳しい状況だ。CBでDFフィルジル・ファン・ダイクとコンビを組むマティプの離脱はリヴァプールにとって大ダメージだ。
DFイブラヒマ・コナテやDFジョー・ゴメスといった選手がまだいるが、英『Daily Mail』がこれを期に飛躍することを期待しているのがDFジャレル・クアンサー(20)だ。5歳からリヴァプールのアカデミーで育った同選手はリヴァプールの次世代のディフェンスリーダーとして期待される若手注目株だ。

今シーズンはここまで公式戦10試合をトップチームで出場しており、第5節のウルブズ戦ではスタメン出場を飾っている。そんなクアンサーにはキャプテンのファン・ダイクも期待を寄せている。

「これまで彼はチャンスを得るたびにうまくやっていた。ローテーションする時や負傷、出場停止となったときに出場できるように準備しなければならない他の選手のように、彼にとってもその瞬間がくる」

「まだコナテとジョー・ゴメスがいるが、ジャレルも非常に良いオプションだ。一般的に、すべての若い世代にとってトップチームにいて、私たちと一緒にトレーニングしている場合は、すべてを吸収する必要がある。そして、彼はうまくやっている」

マティプの長期離脱はリヴァプールにとって痛手ではあるが、クアンサーにとってはチャンスとなる。20歳の若手注目株はこれを機にレギュラー争いに食い込んでいくことができるか。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.290 アジアカップのその先は?

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ