アビスパ福岡がクラブ史上初のタイトルを獲得 浦和との白熱したルヴァン杯決勝を制す

ルヴァンカップを制したアビスパ福岡 photo/Getty Images

タイトルをかけた一戦

4日、聖地・国立競技場で行われたYBCルヴァンカップ決勝。3度目ルヴァンカップ優勝を目指す浦和レッズとクラブ史上初のタイトル獲得を目指すアビスパ福岡が激突した。

試合は前半開始早々に動く。5分、MF紺野和也の右サイドからのクロスをMF前寛之が倒れながらも押し込み福岡が先制点を挙げる。満員の国立で福岡がチームを勢いづける先制点をマークした。

浦和が前半は70%ものボールを保持するが、福岡の堅守を前に得点ができないでいると、前半アディショナルタイムの45分+4分に紺野が今度は左サイドからクロスを上げる。これをDF宮大樹が流し込み、欲しかった追加点をマーク。
福岡は前半のうちに6本のシュートを打ち、そのうち5本が枠内シュート。その中で2得点をマークし、最高の形で前半を終えた。

後半、得点を奪いたい浦和はMF大久保智明、MF安居海渡を投入。対する福岡は後半の頭からMF金森健志を投入した。

55分に福岡がPKを獲得。試合を決めかねない3点目となるかと思われたが、浦和GK西川周作がビッグセーブをみせ、守護神がチームのピンチを救う。

攻勢を強めたい浦和は62分にFWブライアン・リンセン、MF明本考浩を投入する。すると、浦和は途中出場の明本が右サイドからのロングボールを見事な胸トラップから左足一閃。反撃の狼煙となるゴールを決める。

79分にはFWホセ・カンテがシュートを放つもこれは福岡GK永石拓海がセーブ。1点が欲しい浦和はさらに攻勢を強めるが、福岡も持ち前の守備力で浦和に追加点を許さない。試合終盤、猛攻を仕掛ける浦和は後半ATにカンテがシュートを放つも、これはポストに弾かれる。

体をはったディフェンスで8分の後半ATをしのぎきった福岡が2-1で浦和に勝利。クラブ史上初のタイトルを獲得した。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.295 なでしこ、飛翔せよ!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ