ナポリの“黄金コンビ”が欧州をも席巻か 2人の人気株が残す圧倒的な数字

ナポリの攻撃を牽引するオシムヘン(左)とクワラツヘリア(中)photo/Getty Images

半数以上のゴールに関与

現在セリエAの首位に立つナポリは11日、第26節でアタランタと対戦した。前半をスコアレスで折り返したが、後半に入ると60分、77分と立て続けにゴールを奪い、2-0の勝利。この結果、2位のインテルが前日に行われた試合で敗れていたため、勝ち点差を再び「18」まで広げ、首位を独走している。

26試合を消化して黒星はわずかに2つ。ナポリは勝ち点「68」まで伸ばしており(22勝2分2敗)、今季のスクデットは早くも彼らの手中にあるといっても過言ではない状況となっている。では、ナポリの好調の要因はなんなのか。

やはり、昨今の移籍市場でも人気株となっているFWビクター・オシムヘンとFWクヴィチャ・クワラツヘリアの2人の存在が大きいだろう。アタランタ戦でも、相手の方が圧倒的に人数が多い中、素早いカウンターからオシムヘンのキープ力とクワラツヘリアの個人技で均衡を破ってみせた。データサイト『opta』によると、ナポリが今季、公式戦で決めた全84ゴールのうち、半数以上となる43ゴールにこの2人のアタッカーが関与しているという。
セリエAだけでなく、今季はチャンピオンズリーグでも好調なナポリ。この黄金コンビがイタリア国内だけでなく、欧州をも席巻し、ビッグイヤーをチームにもたらすかかもしれない。それだけ今季は存在感が抜群で、強力なアタッカーコンビとなっている。まずは15日にホームで行われるフランクフルト戦できっちり結果を残し、ベスト8へとコマを進めたい。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.293 絶対無敵!レヴァークーゼン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ