マンU戦のスーパーゴールで欧州トップ4にランクイン 今季7G7Aのサカはメッシ、ネイマールを追いかける

サカのゴールやアシストはまだまだたくさん見られそうだ photo/Getty Images

大一番で豪快なゴールを決めた

23日に行われたマンチェスター・ユナイテッド戦でスーパーなミドルシュートを決め、アーセナルの3-2の勝利に大きく貢献したFWブカヨ・サカ。これにより今季のリーグ戦成績を7ゴール7アシストに伸ばしているが、欧州トップリーグでこの数字を上回っている選手は他に3人しかいないようだ。
 
マンU戦でも定位置の右ウイングで先発出場したサカ。彼がゴールを決めたのは1-1で迎えた53分。右サイドでDF冨安健洋からパスを受けると、カットインから左足を振り抜き、ゴール左下に強烈なシュートを突き刺した。
 
英『Squawka』は、欧州5大リーグで今季7ゴール7アシスト以上を記録している選手を取り上げており、サカ以外だとパリ・サンジェルマンのFWリオネル・メッシとFWネイマール、ナポリのFWクビチャ・クワラツヘリアの名前が挙がっている。現在のメッシの成績は8ゴール10アシスト、ネイマールは11ゴール10アシスト、クワラツヘリアはサカと同じ7ゴール7アシストとなっている。
 
サカが19試合、メッシが15試合、ネイマールが17試合、クワラツヘリアが15試合と出場試合数が違う上、リーグのレベルや特徴も異なるため、彼らの成績を一概に比較することはできない。ただし、いずれの選手も所属先のチームがリーグ首位に立っていることは共通点と言える。
 
昨季のサカのリーグ戦成績は11ゴール7アシストだったが、このままいけば今季はこの数字を超えていきそうだ。今の彼の状態を踏まえれば15ゴール15アシストくらいは期待できそうだが、結果はどうなるか。好調アーセナルの躍進ぶりと共に、サカの個人成績にも注目だ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.277 激闘プレミア後半戦

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ