バイエルン行きの逸材が魅せた! 全得点に絡み鳥栖U-18をプレミアファイナル初制覇に導いた若き司令塔

1月からバイエルンでプレイする福井 photo/Getty Images

3ゴールに絡む活躍で優勝に貢献

高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ2022 ファイナルが行われ、プレミアリーグEAST王者の川崎フロンターレとプレミアリーグWEST王者のサガン鳥栖U-18が激突した。川崎U-18にPKを与えて1点ビハインドとなった鳥栖U-18だが、3ゴールを決めて3-2と勝利。初となるプレミアファイナル優勝をつかみ取る。

この試合で3ゴールすべてに絡んだ福井太智は、圧倒的なパフォーマンスを発揮。1点ビハインドの前半アディショナルタイムには福井のパスを受けたF増崎康清が同点ゴールを決めて1-1にする。さらに61分には左サイドでボールを持った福井が楢原慶輝へ絶妙なスルーパスを通し、折り返しを大里皇馬が決めて逆転に成功。福井のパスから鳥栖U-18が勝ち越す。

そして圧巻だったのはその2分後、逆転弾が決まって再開したプレイで福井が勇猛果敢にプレッシングをかけて相手からボールを奪取。そのまま仕掛けると、相手の守備をものともせず突破していく。最後は右足を振り抜くと豪快にゴールネットを揺らして点差を広げる得点を奪う。ボール奪取からゴールまですべて1人で完結させてしまう圧倒的なパフォーマンスだった。
1点を返されたものの、最後まで粘り強く守った鳥栖U-18が勝利を手にする。1ゴール1アシストに絶妙なスルーパスで逆転ゴールの起点となるなど、鳥栖U-18の司令塔は全得点に絡む。1月からバイエルンへと加入する18歳は、日本一を置き土産に育った鳥栖を離れ、ドイツへと歩んでいく。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.293 絶対無敵!レヴァークーゼン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ