本田圭佑がスペイン戦“願望スタメン”発表 スタートから[3-5-2]で相手をかき乱す。2トップ+トップ下は10番南野の得意な形

ここまでの南野拓実の存在感はそれほど大きくない photo/Getty images

森保監督はどの11人を選ぶ

日本代表のFIFAワールドカップ・カタール大会は第2節までが終了しており、12月2日に運命のグループステージ最終戦でスペインと対戦することになっている。

日本が所属するグループEの現在の順位は1位スペイン、2位日本、3位コスタリカ、4位ドイツとなっている。ただ1位と4位の勝ち点差は3と少なく、最終戦で一気に順位が覆る可能性がある。

日本が2大会連続で決勝トーナメント進出するにはスペインに勝つ必要がある。ドイツは現時点で最下位だが、次の試合でコスタリカを下す可能性が高く、日本が負ければ逆転されてしまう。
ではどのメンバーで最終戦に臨むべきか。『ABEMA』で日本代表の解説を務める本田圭佑が自身のSNSでスペイン戦の願望スタメンを発表している。

GK
権田修一

DF
板倉滉
吉田麻也
冨安健洋

MF
伊東純也
田中碧
守田英正
三笘薫
久保建英

FW
前田大然
浅野拓磨

システムは[3-5-2]で、ウイングバックは右に伊東、左に三笘。トップ下に久保が入っている。このWBの形は大金星を挙げたドイツ戦でやっている。

日本はここまでの2試合ともに[4-5-1]でスタートしており、後半から3バックに形を変えている。スペイン戦もドイツ戦のように攻められるのであれば最初から3バックにして守備時は5バックでガッチリ守り、プレッシングでは2枚ないし3枚で相手のビルドアップを翻弄しようというわけだ。前線はスピードのある前田と浅野がおり、トップ下の久保は今季レアル・ソシエダで守備時の貢献が評価されている。

相手のビルドアップをかき回すならこの形がベストだろう。ただ相手にはセルヒオ・ブスケッツやロドリ、アイメリック・ラポルトとそういったハイプレスへの耐性が高い選手が多く、ひっくり返されることも考えなければならない。そこで大事になるのは森保一監督の交代策であり、とくに負担が大きくなると予想される伊東・三笘の両WBの引き際が大事になる。長友佑都は左でも右でもプレイ可能であり、守備を固めなくなったらベテランに任せればいい。攻撃的に行きたい場合は相馬勇紀か。ドリブルは世界でも通用しており、あとはフィニッシュの精度を高めるだけだ。

日本の3バックはもう秘策ではなくなっており、スタートからこの布陣でも悪くない。2トップ+トップ下は10番南野が最も得意とする形であり、前半久保、後半南野とするのも悪くない。気になるのは冨安の状態で、彼がいれば攻め込まれた際の守備、後方からのビルドアップ共にレベルアップする。

日本のW杯・カタール大会が終わってしまうかもしれないスペイン戦。次につなげるためにも必勝となるのだが、森保監督はどんな11人を選ぶのだろうか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.277 激闘プレミア後半戦

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ