FC東京を支える男は来季もアルベルスタイルを体現 「勝負の1年」を最高の結果に

FC東京を支える安部 photo/Getty Images

契約延長を発表している

今季はアルベル監督の下、ポゼッションスタイルを確立してきたFC東京。そのチームで成長を続ける安部柊斗は来季もチームの戦力として大きな活躍を見せてくれるだろう。

FC東京は27日、安部との来シーズンの契約延長に合意したことを発表。豊富な運動量とボール奪取能力でチームの中盤の強度を高める安部は、足元の技術やキックの精度も高く、アルベル監督のスタイルを体現できるプレイヤーだ。

アカデミー出身の安部は中学からFC東京のユニフォームを着て戦っていた。U-18から2016年に明治大学へと進学し、レギュラーを勝ち取ると2020年にFC東京へ加入した。前年には特別指定選手としてJ1デビューを飾っていた安部は、ルーキーイヤーの2020年から27試合に出場して2ゴールを記録。翌年にはJ1で36試合に出場するなど、チームでも存在感を発揮していた。
今季指揮官が変わっても自身の立ち位置は変わらず。松木玖生とのインサイドハーフでアルベルサッカーを支えているのだ。来季はスタイルの順応に加え、け化が求められるシーズンとなるだろう。安部もクラブ公式を通じて「自分自身勝負の1年だと思っています。どんな時もブレずにやり続け、チームを勝たせられるような選手になります」とコメント。勝負の1年で最高の結果を残せるだろうか。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.290 アジアカップのその先は?

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ