2アシストで存在感を発揮したロバートソン 熾烈な左SBを勝ち抜きレベルアップを続ける

ロバートソンのアシストから勝利を手にした photo/Getty Images

フィルミーノとヌニェスの得点を創出

プレミアリーグ第16節でサウサンプトンと対戦したリヴァプール。前半に3ゴールを奪って3-1と勝利し、ワールドカップでの中断期間前に公式戦4連勝を飾った。この試合で2アシストを記録したDFがアンドリュー・ロバートソンである。

リヴァプールは開始早々から先制点を奪った。相手陣内の低い位置からFKを獲得すると、キッカーを務めたのはロバートソン。正確なキックからロベルト・フィルミーノの先制点をアシストした。

さらに前半終盤でもフィルミーノのスルーパスに抜け出して中央へ折り返すと、ダルウィン・ヌニェスの今試合2点目を創出する活躍で高い存在感を発揮。チームの勝利に左サイドバックの躍動は欠かせなかった。
一昨季までは毎シーズンかけることなく出場し続けていたロバートソンだが、昨季からはケガでの離脱も目立ち始めてきた。その間にコスタス・ツィミカスも高いパフォーマンスを見せており、リヴァプールの左サイドバックの争いも激しいものとなっている。ツィミカスとの競争で互いがレベルアップしてリヴァプールの左をより強化していきたいところだろう。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.277 激闘プレミア後半戦

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:コラム

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ